外国人的な雰囲気って何?どこからくるの?

外国人や白人は見た目や雰囲気が日本人と違います。
外国の方の血が少し入っているだけでも「ハーフかな?」とか「クオーターかな?」という雰囲気を感じますよね。

 

そういった何となく肌・雰囲気で感じる外国人らしさってどこからくるのでしょうか。
あの独特の雰囲気がどこから来ているのか具体的に見てみましょう!

 

外国人的雰囲気は何が関係しているの?

髪・瞳・肌の色の違い

髪や瞳や肌の色というのは体内のメラニン色素の量によって決まると言われています。

 

このメラニン色素は「黒人>日本人>白人」という具合に量が変わります。
メラニンが多いほど黒く、少ないと白くなるため、メラニンの少ない白人の方は日本人に比べ、髪や瞳や肌が明るい色をした特徴が現れます。

 

このメラニンの量による、髪・瞳・肌の色の違いというのも日本人と外国人との雰囲気の違いを作る一つの要因であり、大きな要因であると言っていいでしょう。

 

骨格・体格の違い

日本人と外国人はそもそもの骨格にも違いがあります。

 

例えば、日本人の頭は丸顔が多く、外国人は面長の方が多いです。というより、日本人は顔が横に広く、後頭部が絶壁、外国人は前から見ると小さいですが、横から見ると長い特徴もあります。そのため、正面から見たときに小さく見えるわけです。

 

また、股下の長さも「黒人>白人>日本人」というようにそもそもの骨格に違いがあります。これは「遺伝」と言ってしまえば一言で片付きますが、長い年月をかけて生活環境や食べ物などによってそれに順応する形で進化した結果とも言えます。

 

諸説ありますが、日本人が短足で胴長なのは穀物や野菜を主食とするため、消化吸収に時間がかかり、腸が長くなったためとも言われています。欧米の方などは肉中心なので腸が短くて済みます。

 

小顔で足が長く、スタイルが良く見えるのも外国人的な雰囲気の一つとも言えます。

 

行動・所作の違い

見た目だけでなく、行動や一つ一つの所作にも雰囲気は現れるものです。

 

日本人と外国人の行動の違いと言えば、最もわかりやすいところで言えば、男性のレディーファーストです。女性を気遣うその振る舞いにきゅんきゅんしてしまう女子も多いですよね。レディーファーストを受けただけで外国的な雰囲気は感じないと思いますが、見た目の雰囲気などと重なりより「らしさ」を感じる部分とも言えます。

 

まとめ

雰囲気というのは見た目から受ける印象が強いため、こういった「色」や「骨格・体格」による見た目の違いが独特の外国人的雰囲気を醸し出しているのでしょう。

 

また、純潔の日本人であっても、濃い顔(彫の深い顔)や鼻の高い方は外国人的雰囲気が漂うため、顔の印象が最も「らしさ」に影響しているのだとも言えるでしょう。