白人の多い国・地域はどこ?

白人と出会いたい、でもなかなか日本でそういった機会にめぐり合えない!という場合には白人が多く住んでいる国へ出向いてみるという方法もあります。
また、日本で白人を探す場合でもどこの国の人に白人が多いのかを知っておくと国や地域から絞り込むことができるようになります。

 

では、白人が多い国とはいったいどこなのか?
白人の多い国を見ていきましょう!

 

 

ザックリと地球全体で見れば、北半球の北半分と南半球の南半分が白人が多い地域になります。

 

具体的にどの地域になるかと言えば、

  • アメリカやカナダの南側
  • ロシア
  • ヨーロッパ諸国
  • 北アフリカの北部の一部
  • 南米、アルゼンチン、チリ、パラグアイなど
  • オーストラリア

などが白人の多く住んでいる地域と言えます。

 

しかしこの地域の中にも黒人や黄色人の多く暮らしています。

 

白人って何人(ナニジン)になるの?

実際白色人は何人なのかを見ていきましょう。

 

カナダ人

カナダ北部にはあまり人は住んでいませんが、カナダとアメリカの国境周辺の地域には白人がたくさん住んでいます。

 

アメリカ人

一口にアメリカ人といってしまうと黒人や黄色人種、混血種なども多数含まれますが、カナダとの国境周辺からメキシコに近い部分までは白人の多い地域です。

 

ヨーロッパ人

北欧はほぼ全土に白人が暮らしています。
ヨーロッパでもイタリアやスペインなどの南部に行くと白人は少なくなりますがその他は白人が多いです。
その中でもポーランドやウクライナ、フィンランドなど北欧系が人気が高いです。

 

ロシア人

ロシアもほぼ全土が白人です。
特にウクライナなどと近いところは美女が多いと言われています。

 

南米人

南とつくので黒人が多いような感覚がありますが、実はチリやぺルー、アルゼンチンなどは白人が多いです。

 

オーストラリア人

オーストラリアも白人の多い国です。特に南部の方ほど白人率が高くなります。