白人の魅力・日本人との違いは?

白人女性

コーカソイド種の白人は世界的にも美女が多い白人と言われています。
白人の中のエリート的な位置付けと言ってもいいかもしれません。(見た目の話です)

 

コーカソイド系はアメリカやカナダ、ヨーロッパ、オーストラリアなどに多く住んでいます。
彼女達がなぜ魅力的と呼ばれるのか、魅力の秘密に迫ってみました。

 

日本人から見た白人への憧れ

美の基準、感性は人によっても違いますが国によっても大きく異なります。
白人を世界一綺麗な人種と思う地域もあれば、日本人が世界一という地域もあるでしょう。
そのため、一番美しい人種とは言い切れませんが、日本では白人へ憧れを持つ方も多いです。

 

そんな日本人から見た場合の白人の魅力について分析してみました。

 

白人の見た目・日本人との違い

白人の持つ身体的特徴として挙げられるのは、肌が白い、小顔、目の色・髪の色がカラフル、足が長いと言ったところです。

 

ざっくりと挙げましたが、違いは全身に渡り、日本人とは全く違う特徴を持っています。

 

全身・スタイル

白人は黄色人種や黒人より顔が小さい方が多いと言われています。
白人や外国人の方がスタイルが良いと思っているのはこの顔の小ささもあります。
日本人は丸形で横に広く、白人を含む外国人は縦型で奥に長い骨格的特徴を持っています。そのため、正面から見ると顔が小さく見えると言うワケです。

 

もともと手足が長く、身長が高い方が多い人種ではありますが、さらに小顔という特徴も持ち合わせているため頭身が多くなります。身長が高く、顔が小さいため、スタイルがとてもよく見えるという効果があります。そのため、一般の方でもモデルの様に素晴らしいスタイルをした方が多いです。

 

日本では小顔が美人という認識の方が多く、この小顔の特徴を持った白人や外国人に憧れを抱く人が多い一つの要因と言えるかもしれません。

 

顔の特徴

白人の方は鼻が高く彫りの深い顔が特徴です。
また、日本人の瞳の色や髪の色はほとんどが黒ですが、白人は青や緑など色の入った瞳を持つ方も多く、髪の毛の色も金色や茶系の人が多いです。

 

肌の色

白人と言われるのはこの肌の色ですね。
白人の中でも白い人、あまり白くない人がいますが、上でも紹介したコーカソイド系は白人の中でも最も白いと言われている人種になります。

 

まとめ

なぜ、日本人が白人に対して、憧れやコンプレックスを抱くかというとやはり自分にはないものを持っているという点が大きいです。

 

日本の風潮として小顔や肌の白い人は綺麗という認識を持つ方が多いです。
しかし、この自分にはないものに憧れるというのは外国人からしてみれば同じで、外国人の方には日本人のような黒髪や黒い瞳に憧れを持つ方も多いです。

 

いつだって誰だって隣の芝は青く見えるものです。

 

白人の方と日本人の認識で勝負すると劣等感を感じてしまいますが、白人から見れば日本人も魅力に感じてもらえることも多いです。

 

白人と出会いたいと考えている人でも白人に対して劣等感やコンプレックスを抱く必要はありません。

 

積極的に出会いを求めれば出会うことはできます。
白人と出会い結婚する方法