金髪(ブロンド髪)の白人が多い国と地域

海外に友人や恋人をもちたいと考える人のひとつの憧れでもある金髪(ブロンド髪)。
金髪は白人の中に多い特徴のひとつですが、その中でも他の人種などと比較的交流などが少なく、アジア系や黒人の民族の混血などの少ない地域に金髪の人が多いと言われています。

 

白人=金髪とは必ずしも言えませんが、金髪の白人が多い国や地域を見ていきましょう。

 

具体的な国名を挙げるなら…
フィンランドがダントツで国内に金髪の人が多いと言われています。
続いて、スウェーデンやノルウェーなどの北欧には金髪の人がたくさんいると言われています。
さらにはエストニア、ラトビア、ロシアなどヨーロッパ側の国々にも分布しています。
アイルランドも金髪の人たちが多いと言われています。

 

これらの地域の特徴として挙げられるのは…

 

非常に寒い地域であること

金髪の人というのは日の光もなかなか当たらないような国々に多く、アジア系や黒人のように紫外線から肌を守る心配も少ないです。

 

そのため、肌を紫外線から守るメラニン色素の生成がほとんどなく、肌は白く、髪の毛の色は金髪、そして目の色も青や緑、グレーなどといった日本人にはない特徴を持ち合わせています。

 

他の地域との交流が少ないこと

アジアやアフリカなど他の地域と交流が盛んな地域は、黒人の混血や黄色人種との混血も多く見られ、エスニックな雰囲気をかもし出している人の多い国もありますが、そういった地域との交流も少ないため、ほとんど混血することなく、白人で金髪の方が非常に多くなっています。

 

自覚を持っている

白人というだけで何となく美人、綺麗などというイメージがありますが、彼女達は自分たちが世界中でどう感じられているのかを良く理解しています。
そして、その美しい白い肌や金髪を守ろうとしている方も多いと言います。

 

美人や美男子の象徴とも言われる白人の金髪の人たちは、北欧を中心に分布していることが分かります。